PROFILE

山岡 潤一


マテリアルハッカー

研究者、メディアアーティスト


東京大学大学院情報学環 特任助教

(JST ERATO 川原万有情報網 Interactive Matter & Fabrication グループ所属)

デジタルハリウッド大学大学院 非常勤講師


1988年生まれ。研究者、アーティスト。博士(政策・メディア)。東京大学大学院情報学環 特任助教、デジタルハリウッド大学大学院 非常勤講師。2013年、慶應義塾大学政策・メディア研究科修士課程修了、2015年同大学政策・メディア研究科博士課程修了。慶應義塾大学環境情報学部 非常勤講師、日本学術振興会特別研究員(PD), マサチューセッツ工科大学 訪問研究員を経て現職。

マテリアルの特性に着目して、インタラクティブメディアに関する研究やメディアアートの制作など、領域を横断しながら活動している。

研究の専門は、HCI(ヒューマンコンピュータインタラクション)、バーチャルリアリティ、デジタルファブリケーション、STEM教育など。研究成果は、HCIでは最難関である国際会議UIST, CHI,SIGGRAPHなどに採択されており、2017年には上位10件に与えられるACM UIST Honerable Mention, 2018年にはYouFab Global Creative Awards 2018 Finalistを受賞。国内学会では、2012年にヒューマンインタフェース学会論文賞、2014年に情報処理学会論文誌特選論文に選ばれている。

また研究と並行して、フィジカルとデジタルを融合させたメディアアート作品を制作・発表している。作品は、Ars ElectronicaやSolyanka State Gallery(モスクワ)やTechFest 2013(インド)などの国際アート展やICCや福岡アジア美術館などでの展示を行う。作品は、WIRED CREATIVE HACK AWARD 2014グランプリや文化庁メディア芸術祭 審査員推薦作品、TOKYO DESIGNERS WEEK ASIA AWARD2014デザイン部門準グランプリなどを受賞。

さらに社会実装として、STEM教育向けの電子知育玩具を企業と共同開発を行っている。開発した玩具は、2018年にグッドデザイン賞を受賞。電通、トヨタ自動車、ADK、EK JAPANなど、多数の企業と共同開発や講演を行う。

テレビ東京, TBS, NHKなどのテレビ出演、Wired, Bouncy, Fabcrossなどのネットメディア、渋谷のラジオ準レギュラーなど、メディア出演多数。

日本バーチャルリアリティ学会論文委員, 日本バーチャルリアリティ学会アート&エンタテインメント研究委員会 幹事、画像処理学会 4D and Functional Printing 幹事


Junichi Yamaoka


Material Hacker

Researcher, Artist


Project Assistant Professor at the University of Tokyo Interfaculty Initiative in Information Studies

Part-time Lecturer of the Digital Hollywood University


Junichi Yamaoka is a researcher and an artist. Born in 1988. Currently, he is the project assistant professor at the University of Tokyo and the part-time lecturer of the Digital Hollywood University. He graduated graduated and got the PhD (Media and Governance) from the Keio University SFC in 2015. He has been a part-time lecturer at the Keio University SFC, and a research fellow at the Japan Society for the Promotion of Science (PD), and a visiting researcher at the Massachusetts Institute of Technology.

Focusing on the characteristics of materials, he has been researching across fields such as interactive media and media art.

His research interests are HCI (Human Computer Interaction), Virtual Reality, Digital Fabrication, STEM Education, etc. The research results have been accepted by HCI's most difficult international conferences such as UIST, CHI, SIGGRAPH, etc., and he got the award of ACM UIST Honorable Mention (given to the top 10) in 2017, YouFab Global Creative Awards 2018 Finalist Winner in 2018.

In parallel with his research, he is producing media art works that combines physical and digital material. His works will be exhibited at international art exhibitions such as Ars Electronica, Solyanka State Gallery (Moscow) and TechFest 2013 (India), and at ICC and Fukuoka Asian Art Museum (Japan). He got the prizes such as the WIRED CREATIVE HACK AWARD 2014 Grand Prix, the Japan Media Arts Festival Jury's recommended works, and the TOKYO DESIGNERS WEEK ASIA AWARD2014 Second Prize.

Furthermore, as a social implementation, he is developing an electronic learning toy for STEM education with many companies such as Dentsu, Toyota Motor Corporation, EK JAPAN, etc. The developed toy won the Good Design Award in 2018.

He is also appearing many medias such as TV programs such as TV Tokyo, TBS, NHK, Internet media such as Wired, Bouncy, Fabcross, and radios.


経歴 / Careers

慶應義塾大学 環境情報学部 卒業 (2007.4 - 2011.3)

慶應義塾大学大学院 修士課程 政策・メディア研究科 修了 (2011.4 - 2013.3)

慶應義塾大学大学院 後期博士課程 政策・メディア研究科 修了 (2013.4 - 2015.3)

日本学術振興会 PD (2015.4 - 2016.3)

慶應義塾大学 環境情報学部 非常勤講師 (2015.4 - 2019.3)

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任助教 (2016.4 - 2018.3)

マサチューセッツ工科大学 訪問研究員 (2018.7 - 2018.9)

東京大学 大学院情報学環 特任助教 (2018.4 - )

デジタルハリウッド大学 非常勤講師 (2019.4 - )


Bachelor of Arts in Environment and Information Studies, Keio University (2007.4 - 2011.3)

Master of Media and Governance, Keio University (2011.4 - 2013.3)

Ph.D. in Media and Governance, Keio University (2013.4 - 2015.3)

Japan Society for the Promotion of Science (PD) (2015.4 - 2016.3)

Part-time lecturer at the Keio University SFC (2015.4 - 2019.3)

Project Assistant Professor at the Keio University SFC (2016.4 - 2018.3)

Visiting researcher at the Massachusetts Institute of Technology (2018.7 - 2018.9)

Project Assistant Professor at the University of Tokyo Interfaculty Initiative in Information Studies (2018.4 - )

Part-time Lecturer of the Digital Hollywood University (2019.4 - )


主な業績 / Awards

2019: 第22回 文化庁メディア芸術祭 審査員推薦作品(boundary)

2018: YouFab Global Creative Awards 2018 Finalist

2018: グッドデザイン賞 2018 (Little Tokyo Drive)

2018: アジアデジタルアート大賞 2018 インタラクティブ部門 優秀賞

2017: ACM UIST 2017 honorable mention

2014: WIRED Creative Hack Award 最優秀賞

2014: TOKYO DESIGNERS WEEK ASIA AWARD2014 準グランプリ

2014: 情報処理学会論文誌特選論文

2013: 経済産業省 Innovative Technologies 2013採択

2012: ヒューマンインタフェース学会 第13回論文賞


2019: Japan Media Arts Festival Jury's recommended works (boundary)

2018: YouFab Global Creative Awards 2018 Finalist

2018: Good Design Award 2018 (Little Tokyo Drive)

2018: Asia Digital Art Award 2018 Interactive Category, Second Prize

2017: ACM UIST 2017 honorable mention

2014: WIRED Creative Hack Award, Grand Prize

2014: TOKYO DESIGNERS WEEK ASIA AWARD2014, Second Prize

2014: Information Processing Society of Japan, Specially Selected Paper

2013: Innovative Technologies 2013, DCEXPO

2012: Best Paper Award, Human Interface Society


インタビュー記事

人と機械と自然の関係性を発明する | さかわ発明ラボ

「デジタルファブリケーションは未来をハックする 〜拡張するクラフトとみんなでものづくりの未来を語る〜」開催レポート

ヴァーチャルなオブジェクトを実世界に表現:CREATIVE HACK AWARD 2014グランプリ受賞者の素顔

ラジオ出演

渋谷のラジオ 2017年 出会いの渋谷−エンターテイメントとモノづくりの視点−(複数回出演)

作品・研究に関する記事

Bouncy: リアルがバーチャルに切り替わる、まるでSFのような瞬間を表現した作品『boundary』

Fabcross: 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発

Wired: ペンタブレットをハックせよ! 「Cintiq」に見つけた3次元インターフェイスとしての可能性

3DP id.arts: 立体映像と3Dプリンタを融合したインタラクティブな3D造形技術『MiragePrinter』


お問い合わせはこちら

Email : yamajun [at] iii.u-tokyo.ac.jp