Junichi Yamaoka

is a postdoctoral researcher in Yasuaki Kakehi Laboratory at Keio University. He got a PhD of Media and Governance at Keio University, and he is currently Postdoctoral Fellow and Part-time Lecturer of Keio University. He is studying about Human Computer Interaction, and interactive technologies for creativity of human. Based on concepts which he considered, he invented some technologies and works such as fabrication tools, user interfaces, media art pieces.

山岡 潤一

1988年生まれ。研究者、アーティスト。博士(政策・メディア)。慶應義塾大学 特任助教(JST ERATO)、慶應義塾大学 非常勤講師。2013年、慶應義塾大学政策・メディア研究科修士課程修了、2015年同大学政策・メディア研究科博士課程修了。日本学術振興会特別研究員(PD)を経て現職。 手作業などの創造活動を支援するファブリケーションツールの開発や、バーチャルリアリティなどに関する研究に従事。UISTやSIGGRAPHなどの国際会議で発表。またフィジカルとデジタルを融合させたメディアアート作品を制作・発表している。WIRED CREATIVE HACK AWARD 2014グランプリ受賞 、TOKYO DESIGNERS WEEK ASIA AWARD2014デザイン部門準グランプリなど。

インタラクティブメディア, ユーザ・インタフェース, 創造活動支援, ファブリケーション

Email : yamajun [ at ]